赤ちゃん体操から

2008/01/27   
 1月も終わりに近づいた日曜日、お天気は良いけれどとっても寒い日でしたが、福祉センターにはたくさんの赤ちゃんが集まりました。
 今月の出席者は。taichiくん、kaiくん、shionくん、tomaくん、harukiくん、harukaちゃん、kaitoくんの合計7組。そして、3ヵ月のchiakiちゃんのお母さま、6ヵ月のtsuduriちゃんと5ヵ月のmarinaちゃん親子が見学されました。お手伝いに先輩お母さんたちもたくさん来てくださり、とても賑やかな赤ちゃん体操になりました。
 
 ベビーマッサージの前にはお湯で手を洗い、手を温めてから始めます。「おはよう♪おはよう♪」「ラララぞうきん♪」「お馬の親子」「どんぐりころころ」。快活な電子ピアノのリズムにのって赤ちゃんたちも気持ち良さそうです。
 
 手遊びは「洗濯機」で、洗って・すすいで・絞って・干して一回りする、いつもより動きのある遊びをしました。
 「ころころゆきだるま」の絵本の読み聞かせの後は、ハンカチサイズの小さなベールをひとりずつ、ティッシュのように一枚ずつ箱の中から引っ張って取り、上に飛ばしたり顔に当ててみたり、好き好きに遊びました。いつもの大きなベールとは違って、カラフルなベールを手に直接持って遊べるので、嬉しそうに笑っている子もいてかわいかったです。
 ゴム鈴をみんなで輪になって持って音楽に合わせて鳴らしたり、かわいい楽器で自由に演奏したりしました。最後は「げんこつ山のたぬきさん」の手遊び歌を歌って終わりました。
 
 寒い毎日ですが、風邪もひかずに元気な赤ちゃんたちにパワーをもらいました。
2007/12/09   
 今月の赤ちゃん体操は、ご兄弟のお兄さんお姉さんや見学のお友達、また役員会が同日開催だったので年齢が離れていてなかなかお会いする機会のない社会人のmegumiさん、中学生のatsukoさん、高校生のannaさんも遊びにきてくださいました♪
 
 前半の座談の時間に可愛い座布団屋さんが出現!初めは座布団を一列に並べていましたが、ママの声がかかると今度は積み重ねていきます。それがまったくお見事で!自分の肩上まで積んだところでお片付けの時間に…。続きが見たかったです。「くださ〜い」と言われると気前よく渡してくれていました♪
 
 今回の赤ちゃん体操は内から外へのマッサージを中心に行われました。優しく指の一本一本までマッサージをされて気持が良さそうです。体が慣れてきたところで部位に分けて体操が始ります。それぞれにお決まりの歌があるので、歌がきっかけで体操をすることが我が家ではあります。(^_^) 両膝を交互に曲げ伸ばしなら「「うさぎとカメ」、両腕を羽ばたかせるなら「ひらひらチョウチョ」、両手を引いて起き上がるなら「お船はぎっちらこ」などです♪
 
 マッサージのほかには三半規管の刺激にもなる親の膝の上から空中全店、タオルの恥と恥を持ってのハンモック。歌にのせて好きな楽器選び。
鈴のついた大きなゴムの輪を皆で囲み鈴をならしながら「おもちゃのちゃちゃちゃ」。部屋の外で遊んでいたお兄ちゃんたちも参加してくれたベール遊び。本の読み聞かせは「りんごがころん」でした!
 
 タオルのハンモックでは、いつもタオルの中で動いてしまうというkaitoくんが今日は動かない。何故なのでしょう?…どうやらいつもよりタオルが小さめで心地よく体にフィットしたようです。
 来年も皆さまの参加をお待ちしています!皆さま、よいお年を♪
2007/09/02   
 まだ夏休みだったからでしょうか、いつもよりやや少ない3組の参加でしたが、「ラララぞうきん♪」の歌に合わせてのマッサージ、絵本の読み聞かせ、楽器遊びなど、いつもながらの楽しい赤ちゃん体操でした。
 
 でもこの日はいつもとちょっと違うところがありました。月例の低い赤ちゃんとそのご両親が3組も見学に来られたのです。2ヵ月の男の子、4ヵ月の男の子、そして2ヵ月の女の子です。赤ちゃん体操の始まる前に、中谷先生と加藤先生からアドバイスをしていただきました。赤ちゃん体操が終わった後にも10分程度でしたが時間を取って、皆さんの疑問や質問にお答えしたり、私たちの経験をお話ししたりしました。どのように家族や友達、周囲の方々に子どもがダウン症であるということを告げるか、兄弟にはどう説明したらいいかなどです。
 
 今思えば笑ってしまうようなことですが、私も些細なことが最初は気になってしかたがなく、真剣に悩んだことを思い出します。子どものために作った1冊のノートの最初のページには「旅行には連れていけるのか」などと書き留めてあります。確かその悩みは先輩お母さんに質問してすぐに解消されました。月に一度の赤ちゃん体操でいろんなお母さんとお話ししたり、かわいい他の赤ちゃんや子どもたちを見ることで、だんだん私の気持ちも軽くなっていったのでした。
 
 きっとみんな同じ気持ちなんだろうな〜と思いながら、その時の自分に語りかけ、励ますような気持でお話ししました。ご心配なく!赤ちゃん体操に参加されるとみんなどんどん明るく前向きな気持ちになっていきますから!きっと今回見学に来られた3組のご両親も、すぐに心から笑顔でかわいいあかちゃんと向き合えることになるでしょう!!
2007/06/03   
 このところ半そでで過ごす日が増えてきました。汗をかく時期のマッサージはお風呂に入る前、手に小麦粉をつけてするとやりやすくなるそうです(中谷先生情報)。入浴で洗い流せるので便利ですね。
 
 6月の赤ちゃん体操はレジャー日和。少人数の参加ながら内容の充実した体操が行えました。体の中から外へのマッサージを中心に楽しい歌にのせて始まりました。
 参加の中で一番おねえさんのreiちゃんは最初あまり乗り気ではなさそうでしたが、「ラララぞうきん♪」の歌で全身のマッサージが始まるとやっと笑顔になって楽しそうに参加してくれました。
 kaitoくんはマッサージよりお隣のkaiくんに興味津津で、引き戻されてもまたkaiくんのもとへ。そんなkaitoくんにママの方が付いて回りマッサージを続ける姿は微笑ましかったです。
 マッサージにご満悦だったのはtomaくんで、ママに身を任せ「あぶぅ〜!」と口を鳴らしたりママに話しかけたり笑顔が途切れません。「ママ上手だよ」って言っていたのかな?
 
 体操の後は好きな楽器を選んで皆での合奏、英語の歌「ヘッド&ショルダー」で手遊び、トライアングルのような音色で少しずつ長さの違う棒が連なったスリーチャイムという楽器のの体験、輪になった鈴付きのヒモを皆で持ってのリズム遊び、半分隠れた動物たちを当てる「誰かなぁ」の絵本読み聞かせと盛りだくさん!
 
 更に今回は三半規管を刺激する、バスタオルを使ったブランコ遊び(首が据わってから)、クルリとひっくり返る回転運動(歩き始めてから)も行いました。reiちゃんの妹hanaちゃんも回転運動に挑戦!クルッと回ってきれいに着地が決まり、拍手がおこるとちょっと驚いた顔で皆を見まわしニコ〜♪ 自身にあふれた素敵な笑顔でした。
2007/04/22   
 年度が替わり新しく通園・通所の増えたご家庭も多いのでは? 我が家も新たに通所が増え張り切っていますが、この元気もいつまで続くことやら…。生活リズムをつかみたい今日この頃です。
 
 4月の赤ちゃん体操は1歳前後の皆さんが多く集まりました。小さなお友だちが中心だったので体の中心に向かってのマッサージやママパパと向かい合ったり抱っこをしてのふれあい遊びが中心でした。「お船はぎっちらこ〜」で上体起こし、「ひ〜らひらチョウチョ」で腕を大きくはためかせ、「お馬さん」でハイハイ準備の腕立て伏せ、「ラララぞうきんっ」で体中を刺激して、「金魚」で腰のゆらゆら運動。気持ちよかったのかな?9ヵ月のhisashiくんは途中で眠ってしまいました。(^_^)
 
 タオルの端と端を持ってのハンモック、楽器遊びに本の読み聞かせ、ベール遊びもしました。ハンモックが大のお気に入りのkotaroくん、今日一番の笑顔です♪ お手伝いでパパママと参加してくれたのはkinariちゃん。参加の中で一番お姉さんだったのですが、行動だってお姉さんです!楽器遊びでお目当てのデンデン太鼓を小さいお友だちが欲しがると(…どうぞ)と譲ってあげていました。
 
 ウサギが一人でお食事しようとする「おさじさん」の本の読みきかせでは、初参加のkaitoくんとmiuちゃんが先生の声とうさぎの動向に夢中です♪
 皆が大好きベール遊びで様子が一変したのはハイハイが上手で好奇心旺盛なayakaちゃん。それまでは、あっちでニコニコ、こっちでニコニコ、目ざとく段差を見つけてはよいしょよいしょと登っていましたが、ベールが頭上を舞うとあらららら?静かに静かにベールの行方を見守っていました。
 
 次回の赤ちゃん体操は6月です。ゴールデンウィーク皆さんはどんなふうに過ごされますか♪
2007/02/18   
 2月の赤ちゃん体操の日曜日はあいにくの雨でした。いつもより若干参加者も少ないようでしたが、ご家族揃っての参加が多く、いつも通りのにぎやかさでした。akaneちゃんが妹のhitomiちゃんと、yoseくんが妹のanjuちゃんとtomaくんがお姉ちゃんのnanaseちゃんと一緒に来てくれました。見学者はakaneちゃんおお母さんの紹介で5ヵ月の男の子がご両親と一緒に参加しました。
 
寒い冬の赤ちゃん体操はお湯で手を洗って、手の血行が良くなるように少し手を揉みほぐしてから始まります。「ラララぞうきん♪」「金魚のお昼寝♪」「お馬さん♪」「どんぐり♪」「自転車♪」「ちょうちょ♪」「ウサギとカメ♪」「インディアンボーイズ♪」の曲に合わせてマッサージ。先生は丁寧に説明しながら赤ちゃんの年齢に合った方法を指導してくださいます。「ウサギとカメ♪」は親が膝を曲げて仰向けになってその膝の上に赤ちゃんを乗せて音楽に合わせて上下にユラユラ揺らしてあげます。
 
 少し大きい3歳のakaneちゃんは最後にクルッとママの頭を通り越して着地する技も教わっていました。ちなみにこれは我が家ではかなり好評で、今や4歳になったhibikiが兄と順番に何度もやってとせがんでくるので、私がフラフラになる運動の一つです。タオルでブランコをして気持ちよさそうに揺られ、休憩に入りました。
 
「かわいい赤ちゃん♪」ゆったりしたメロディーでリラックスした赤ちゃんたちは手遊びもしました。「山登り♪」ありさんがチョコチョコ腕にのぼってきてこちょこちょ〜。ヘビさんがニョロニョロ腕にのぼってきてこちょこちょ〜。ゾウさんがドンドン腕にのぼってきてこちょこちょ〜。いつの日か、歌が始まるとこちょこちょに備えて、嬉しそうに、くすぐったそうに身構えるようになります!赤ちゃん体操は親子の対話の基礎ですね♪
 
 絵本の読み聞かせは「てんてんてん」てんてんてん何かな〜?てんとう虫! ぐるぐるぐる何かな〜?かたつむり! ひらひらひら何かな〜?ちょうちょう! ぽっぽっぽっ何かな〜?蛍! カマキリのカマ何かな〜?かまきり! tomaくんのお姉ちゃんのnanaseちゃんがとっても元気良く答えてくれました。ありがとう!
 
 大きな輪になったカラフルなゴムに付いている鈴をみんなで持ち、ミッキーマウスの音楽に合わせて演奏しました。最後はみんなが楽しみにしている楽器遊び。アイアイ、ドラえもんなどの曲に合わせて好きな楽器で演奏します。カラフルなマラカスや木の楽器、今日はどの楽器にしようかな〜、と楽しくなっちゃいます。
 
 楽器で遊んだままの赤ちゃんたちの頭の上を、ふわふわ〜とブルーのベールが通ります。みんな不思議そうに見上げたり、嬉しそうに手を伸ばしたり、ベール遊びは本当に楽しそうでした。
 来月の赤ちゃん体操ではどんな表情が見られるかな!来月は6か月の男の子が見学に来る予定です。
2007/01/14   
とっても寒い季節になりました。きっと赤ちゃん体操に来られる赤ちゃんも少ないだろうな〜という予想に反して、大田区からの見学のお友だちも入れて、9組の元気な赤ちゃんたちが集まりました。
 久しぶりに会えたyoseくんのママの腕にはかわいい赤ちゃんが抱っこされていて、びっくりしました。11月に妹が生まれたそうです。この間まで小さな赤ちゃんだったyoseくんも今では立派なお兄ちゃん!おめでとう!!!
 
 「おっはよ〜う〜、おっはよ〜う〜、ご〜きげんはいかが〜♪」と中谷先生の歌声とともにベビーマッサージが始まりました。首の後ろのマッサージにうっとりする子どもたち。とっても気持ちよさそう。手や足、背中、いっぱいマッサージしてもらいました。 
 
 中谷先生は絵本の読み聞かせでは「ころころ雪だるま」を子どもたちの反応を確かめながら読んでくださいます。音楽遊びでは「森のくまさん」「咲いた咲いた」に合わせて楽器遊びをして、鈴付きの輪で「雪やこんこん」「雪の踊り」を演奏しました。
 
 子どもたちの大好きなのは何といっても癒しのメロディーをBGMにしたふわふわベール遊び。ブルーのベールをふ〜わふ〜わ上下させると、その中で嬉しそうに手をのばして喜ぶかわいい子どもたちです。パパもママも子どもたちも癒しの時間になればいいなと願います。
2006/11/12   
 晴れた日も上着の用意が必要な季節となりましたね。子どもの荷物もかさばり通院通園も一苦労ですね…。
 今月の遊びは「こ〜こは赤ちゃんの似んど・こ・ろっ チョン」顔の部分部分に、ここはお母さん、ここはお父さんとお顔のマッサージ。楽器遊びは野菜や果物の形のマラカス、木魚みたいなカエルの楽器、トライアングルで遊びました。5ヵ月前にはママに両手を引かれていたakaneちゃんが、パパママと楽器のところをひとりで歩いて行ったり来たりして、とても嬉しそう。いつもニコニコとやさしい笑顔のパパと参加してくれたのはkinariちゃん。デンデン太鼓を気に入って、右足でリズムを取りながら太鼓をたたきノリノリでした。♪
 人気のベール遊びでは、青い大判のベールが頭上を舞うと、うわ〜…、とベールを見上げる子、すかさず下へもぐり込む子、久々の参加だったkoutaro君も嬉しそうに飛び込んできてくれました。小さなお友だちのところへはベールの方が近づいてきて「あらぁ不思議…」ベールの中。
 ご兄弟の皆さんからも明るい笑い声が聞けた日曜日でした。
2006/10/15   
 今月はバスタオルの端と端を持ってつくるハンモックでのゆらゆら遊びと楽器遊びでした。持ち手のついた鈴、デンデン太鼓、木製マラカスなどを使って合奏しました。歌に合わせてリズミカルに♪とはいきませんが、楽器から出る音を楽しんで、こっちはリンリン、となりはトントン、あっちはどんなだろ?と好奇心旺盛に取り組む姿が見られました。
 それまでパパのお膝を独占してちょこんと座っていたmaiちゃんは、目をまん丸くして楽器のところまで上手にハイハイして行って品定めをしていました。kaiくんは持ち手のついた大きな鈴がポロリと手をすり抜けてしまうので、ママがおててにぴったりの軽くて小さいのを選んでくれました。しゃんしゃんと鈴を鳴らしたら不思議そうにキョトンとして見ていました。
 来月はみんなの大好きなベール遊びもあるといいですね。
 
 
2006/09/10   
 たまのお休み、ゆっくり朝寝坊…といきたいパパママですが、月に一度の機会に11名の家族が集まり、囲んだ輪は窮屈なほどでした。お世話役のIさんGさんも大忙しで、参加者のパパは力仕事、ママは手の回っていない雑用にと、率先してお手伝いしてくださいました。
 
 赤ちゃん体操に慣れてきたお友だちは身を任せてリラックスモード。hibikiくんもIさんのマッサージに夢うつつです。楽器を使った遊びでは自ら楽器選びに集まるお友だちが続出でしたが、まだ大きな音に慣れない子や、お腹がすき始めて悲しくなっているお友だちもいました。そんな時はパパママの抱っこでちょっと一息です。空中をベールが舞う遊びは年齢を問わず人気があり、皆きらきらと目を輝かせていました。
 
 暑い仲、会員外2名の方の見学もあり、2度目の参加のkaiくん(4ヵ月)は今回パパも参加して湊すっかり打ち解け、mutsumiちゃんがkaiくんのところまで来て一言「かわいい」とにっこり。微笑ましい姿も見られました。初めてのkeiくん(7ヵ月)は泣くことなくすごしていましたが、ママはどきどきだったのではないかと思います。私が初めて参加した頃は不安につぶれそうで、ただ子を抱きしめ「大好きだよ、愛してる。大丈夫だよ」微笑む目から所在の知れない涙が流れたものです。
 
 何がわからないのか、知りたいのかすら解らない私に、やさしく問いかけ、我が子に合ったアドバイスをくださる地域懇親会での先輩方には、今も心救われています。
 赤ちゃん体操に来るのも、漠然とした不安の解消から、友達家族と共に楽しむ、情報収集、育児の軌道修正・再確認と、私の心境や子どもの成長に応じ目的は変化していますが、落ち込んでいる時も平常の時も、ちょっと元気になって家に帰ります。
 
 今回は初めて昼食をはさんでの座談会が行なわれました。参加はミルキー7家族に先輩お母さんたち5名。改訂した「療育施設・病院紹介」リーフレットの説明と、推薦本「男の子ってどうしてこうなるの?」の紹介。同胞のつながりと並行して、障害にとらわれず地域交流も積極的に参加し、助け合える関係を築いていきましょうと、はっとさせられるお話もいただいた午後でした。