赤ちゃん体操から

2008/02/10   
 総合福祉センターの隣の羽根木公園は梅祭りでにぎわっていました。梅の木に白い花と紅い花が一緒に咲く“おもいのまま”という種類があるのをご存知ですか?
 2月の赤ちゃん体操は前日の夜半に降った雪も大雪にならず、連休中でしたが6組の親子の参加がありました。
 
 まずパパとママの手を温めてから、「おはよう♪おはよう〜♪」のごあいさつから始まり、足→おなか→胸→背中→おしり→顔→頭のマッサージ、「ラララぞうきん♪」「金魚のおひるね♪」「ひらひらちょうちょ♪」「お船♪」「うさぎとかめ♪」と進んで行きました。マッサージを始めるとママたちの顔も赤ちゃんの表情も本当に優しい笑顔になるのが不思議です。
 
 途中で中谷先生からマッサージのやり方の説明がありました。ちょっと復習してみましょう。
 マッサージには大きく分けて二通りのやり方があります。
 1)脳・脊髄を中心におき、中心から外側に向って行うやり方
 2)心臓を中心におき、外側から心臓に向かって行うやり方
1)は皮膚の表面をやさしくマッサージすることで主に神経に働きかけ、大脳の発達を促します。2)は筋肉をしっかりマッサージすることで筋肉・血管に働きかけ、血行を良くします。今月は1)のマッサージでした。また一つのマッサージをするときも始めはソフトに、だんだん刺激を強くしていき、最後はクールダウンということでソフトに終わるというのが全体の流れ、というお話でした。
 
 絵本の読み聞かせは「てんてんてん」。次に皆でゴム鈴を持って「雪やこんこん♪」、harukaちゃんのリクエストで「鳩ぽっぽ♪」を演奏しました。それから楽器遊びはミカン、リンゴなどのカラフルなマスカラや、ロリポップの太鼓などから自分で好きな楽器を選んで「ディズニーメロディ♪」、「北風小僧の寒太郎♪」を演奏しました。最後に魔法のブルーのベール遊びをしました。フワフワするベールを不思議そうに見上げたり、楽しそうに手を伸ばしたり、皆何を感じているのでしょうね。「げんこつ山のたぬきさん」でさよならをしました。
 
 子どもが大きくなると先月と今月にあまり変化を感じることはありませんが、赤ちゃん体操をお手伝いしていると1ヶ月の間に随分しっかりしてきたなぁとか、言葉がでてきたなぁとか毎回新しい発見があり、とても楽しみです。皆さんもどうぞご参加ください。
2008/01/27   
 1月も終わりに近づいた日曜日、お天気は良いけれどとっても寒い日でしたが、福祉センターにはたくさんの赤ちゃんが集まりました。
 今月の出席者は。taichiくん、kaiくん、shionくん、tomaくん、harukiくん、harukaちゃん、kaitoくんの合計7組。そして、3ヵ月のchiakiちゃんのお母さま、6ヵ月のtsuduriちゃんと5ヵ月のmarinaちゃん親子が見学されました。お手伝いに先輩お母さんたちもたくさん来てくださり、とても賑やかな赤ちゃん体操になりました。
 
 ベビーマッサージの前にはお湯で手を洗い、手を温めてから始めます。「おはよう♪おはよう♪」「ラララぞうきん♪」「お馬の親子」「どんぐりころころ」。快活な電子ピアノのリズムにのって赤ちゃんたちも気持ち良さそうです。
 
 手遊びは「洗濯機」で、洗って・すすいで・絞って・干して一回りする、いつもより動きのある遊びをしました。
 「ころころゆきだるま」の絵本の読み聞かせの後は、ハンカチサイズの小さなベールをひとりずつ、ティッシュのように一枚ずつ箱の中から引っ張って取り、上に飛ばしたり顔に当ててみたり、好き好きに遊びました。いつもの大きなベールとは違って、カラフルなベールを手に直接持って遊べるので、嬉しそうに笑っている子もいてかわいかったです。
 ゴム鈴をみんなで輪になって持って音楽に合わせて鳴らしたり、かわいい楽器で自由に演奏したりしました。最後は「げんこつ山のたぬきさん」の手遊び歌を歌って終わりました。
 
 寒い毎日ですが、風邪もひかずに元気な赤ちゃんたちにパワーをもらいました。
2007/12/09   
 今月の赤ちゃん体操は、ご兄弟のお兄さんお姉さんや見学のお友達、また役員会が同日開催だったので年齢が離れていてなかなかお会いする機会のない社会人のmegumiさん、中学生のatsukoさん、高校生のannaさんも遊びにきてくださいました♪
 
 前半の座談の時間に可愛い座布団屋さんが出現!初めは座布団を一列に並べていましたが、ママの声がかかると今度は積み重ねていきます。それがまったくお見事で!自分の肩上まで積んだところでお片付けの時間に…。続きが見たかったです。「くださ〜い」と言われると気前よく渡してくれていました♪
 
 今回の赤ちゃん体操は内から外へのマッサージを中心に行われました。優しく指の一本一本までマッサージをされて気持が良さそうです。体が慣れてきたところで部位に分けて体操が始ります。それぞれにお決まりの歌があるので、歌がきっかけで体操をすることが我が家ではあります。(^_^) 両膝を交互に曲げ伸ばしなら「「うさぎとカメ」、両腕を羽ばたかせるなら「ひらひらチョウチョ」、両手を引いて起き上がるなら「お船はぎっちらこ」などです♪
 
 マッサージのほかには三半規管の刺激にもなる親の膝の上から空中全店、タオルの恥と恥を持ってのハンモック。歌にのせて好きな楽器選び。
鈴のついた大きなゴムの輪を皆で囲み鈴をならしながら「おもちゃのちゃちゃちゃ」。部屋の外で遊んでいたお兄ちゃんたちも参加してくれたベール遊び。本の読み聞かせは「りんごがころん」でした!
 
 タオルのハンモックでは、いつもタオルの中で動いてしまうというkaitoくんが今日は動かない。何故なのでしょう?…どうやらいつもよりタオルが小さめで心地よく体にフィットしたようです。
 来年も皆さまの参加をお待ちしています!皆さま、よいお年を♪
2007/09/02   
 まだ夏休みだったからでしょうか、いつもよりやや少ない3組の参加でしたが、「ラララぞうきん♪」の歌に合わせてのマッサージ、絵本の読み聞かせ、楽器遊びなど、いつもながらの楽しい赤ちゃん体操でした。
 
 でもこの日はいつもとちょっと違うところがありました。月例の低い赤ちゃんとそのご両親が3組も見学に来られたのです。2ヵ月の男の子、4ヵ月の男の子、そして2ヵ月の女の子です。赤ちゃん体操の始まる前に、中谷先生と加藤先生からアドバイスをしていただきました。赤ちゃん体操が終わった後にも10分程度でしたが時間を取って、皆さんの疑問や質問にお答えしたり、私たちの経験をお話ししたりしました。どのように家族や友達、周囲の方々に子どもがダウン症であるということを告げるか、兄弟にはどう説明したらいいかなどです。
 
 今思えば笑ってしまうようなことですが、私も些細なことが最初は気になってしかたがなく、真剣に悩んだことを思い出します。子どものために作った1冊のノートの最初のページには「旅行には連れていけるのか」などと書き留めてあります。確かその悩みは先輩お母さんに質問してすぐに解消されました。月に一度の赤ちゃん体操でいろんなお母さんとお話ししたり、かわいい他の赤ちゃんや子どもたちを見ることで、だんだん私の気持ちも軽くなっていったのでした。
 
 きっとみんな同じ気持ちなんだろうな〜と思いながら、その時の自分に語りかけ、励ますような気持でお話ししました。ご心配なく!赤ちゃん体操に参加されるとみんなどんどん明るく前向きな気持ちになっていきますから!きっと今回見学に来られた3組のご両親も、すぐに心から笑顔でかわいいあかちゃんと向き合えることになるでしょう!!
2007/06/03   
 このところ半そでで過ごす日が増えてきました。汗をかく時期のマッサージはお風呂に入る前、手に小麦粉をつけてするとやりやすくなるそうです(中谷先生情報)。入浴で洗い流せるので便利ですね。
 
 6月の赤ちゃん体操はレジャー日和。少人数の参加ながら内容の充実した体操が行えました。体の中から外へのマッサージを中心に楽しい歌にのせて始まりました。
 参加の中で一番おねえさんのreiちゃんは最初あまり乗り気ではなさそうでしたが、「ラララぞうきん♪」の歌で全身のマッサージが始まるとやっと笑顔になって楽しそうに参加してくれました。
 kaitoくんはマッサージよりお隣のkaiくんに興味津津で、引き戻されてもまたkaiくんのもとへ。そんなkaitoくんにママの方が付いて回りマッサージを続ける姿は微笑ましかったです。
 マッサージにご満悦だったのはtomaくんで、ママに身を任せ「あぶぅ〜!」と口を鳴らしたりママに話しかけたり笑顔が途切れません。「ママ上手だよ」って言っていたのかな?
 
 体操の後は好きな楽器を選んで皆での合奏、英語の歌「ヘッド&ショルダー」で手遊び、トライアングルのような音色で少しずつ長さの違う棒が連なったスリーチャイムという楽器のの体験、輪になった鈴付きのヒモを皆で持ってのリズム遊び、半分隠れた動物たちを当てる「誰かなぁ」の絵本読み聞かせと盛りだくさん!
 
 更に今回は三半規管を刺激する、バスタオルを使ったブランコ遊び(首が据わってから)、クルリとひっくり返る回転運動(歩き始めてから)も行いました。reiちゃんの妹hanaちゃんも回転運動に挑戦!クルッと回ってきれいに着地が決まり、拍手がおこるとちょっと驚いた顔で皆を見まわしニコ〜♪ 自身にあふれた素敵な笑顔でした。